芯ができたニキビは、跡が残りやすいのは本当?

おすすめ↓

ニキビの芯とクレーターの関係

 

ニキビをよく見てみると、中に固い芯のようなものができていることがあります。
ニキビの芯は、中に膿が溜まったり、古い角質が溜まってできてしまいます。

 

放っておくと自然に治ってしまうこともありますが、芯のあるニキビが炎症を起こして赤くなっていたら注意が必要です。
悪化したニキビが原因で、「クレーター」と呼ばれる凹みが肌にできてしまうことがあります。

 

クレーターは化粧で隠せないほどのものが多いですし、一度できてしまうと簡単に治すことはできません。
芯があるニキビができてしまったときには、できるだけ早く治せるように努力しましょう。

 

 

クレーターを作らないためには、ニキビを作らないようにすることが最善策です。
普段からニキビができやすい人は、まずは生活リズムを見直してみましょう。

 

お風呂

 

毎日温かいお湯に浸かり、しっかりと睡眠時間をとれていますか?
生活リズムが乱れがちになっていると、ニキビ以外にもさまざまな肌荒れを引き起こしてしまいます。

 

皮脂が過剰分泌されたり、古い角質が肌に溜まりやすくなり、芯があるニキビができやすくなってしまいます。
忙しくて生活リズムが一定ではない人は、少しでも肌に優しい生活をできるように心掛けていきましょう。

 

 

芯があると跡が残りやすい?

 

芯があるニキビができてしまうことがありますが、芯があることでニキビ跡が残りやすくなってしまうことはあるのでしょうか?

 

小さなニキビでも跡が残ってしまう人はいますが、芯があるニキビのほうが大きな跡が残りやすいようです。
肌が凹んだように見えてしまうクレーターができてしまうこともあり、芯があるニキビはできるだけ作らないように気を付けたいですね。

 

クレーターは、ニキビが起こしている炎症のダメージが、皮膚の真皮層にまで及ぶことでできてしまうニキビ跡です。
普通のニキビ跡であれば、肌表面の細胞が新しいものに生まれ変わる「ターンオーバー」が繰り返されることで、少しずつ目立たなくなっていきます。

 

しかし、クレーターは真皮層にまでダメージが及んでしまっているため、ターンオーバーだけではなかなか綺麗に治すことができません。
思春期にできてしまったクレーターが大人になっても消えずに悩んでいる人も多いため、芯があるニキビができてしまったときには、クレーターができないように早めに対処したいですね。

 

もしもクレーターができてしまったときには、ターンオーバーを活性化させられるような生活を心掛けましょう。
どうしても気になる場合には、皮膚科で相談してみても良いですね。

 

 

ニキビ跡を残さないケア方法

 

クレーターのような酷いニキビ跡を残さずにニキビを治すためには、早めのうちからしっかりとケアをしていくことが必要です。
ニキビができていることに気付いたら、放置せずに丁寧なスキンケアをしていきましょう。

 

ニキビ跡が残りやすい芯があるニキビは、白ニキビと黒ニキビが多いです。
どちらのニキビも症状としては初期段階ですが、毛穴に皮脂汚れや古い角質が詰まって芯ができてしまっていることが多く、放置していると悪化してしまう可能性が高いです。

 

白ニキビ・黒ニキビを見つけたら、まずは毛穴の中の汚れを落とす努力をしましょう。

 

電子レンジなどで数分温めた蒸しタオルを顔の上に乗せておけば、毛穴が開いて汚れが落ちやすくなるのでおすすめです。
顔を温めて毛穴を開いた後に、ニキビ用の洗顔フォームなどで丁寧に洗顔を行いましょう。
ニキビができている部分は敏感になっているので、強く擦らずに優しく洗うことがポイントです。
角質が溜まっているように感じる場合には、ピーリングジェルなどを使って古い角質を取り除いても良いかもしれませんね。

 

白ニキビ・黒ニキビは毛穴に溜まってしまった汚れが原因なので、丁寧に根気よく毛穴を綺麗な状態にしていきましょう。

 

白ニキビ・黒ニキビが悪化してしまうと、ニキビが炎症を起こして赤くなってしまいます。

 

炎症を起こした赤ニキビは、触ると痛みを感じることがあります。
下手に触ったり潰したりするとニキビ跡が残ってしまうので、赤ニキビはできるだけ汚れた手で触れないように注意しましょう。
ニキビを隠すためにファンデーションを厚塗りにすることも、赤ニキビには逆効果です。

 

刺激を与えることになってしまい、さらに炎症が酷くなる可能性があります。
出掛けたり人と会うときには赤ニキビが気になってしまうかもしれませんが、炎症が鎮まるまではそっとしておいたほうが良いでしょう。

 

丁寧な洗顔と規則正しい生活を心掛け、早く治したい場合にはニキビ専用の薬を使ってみましょう。
皮膚科に行けば、ニキビの状態に合わせて薬を処方してもらえるでしょう。
市販でもニキビの薬は売っているので、試してみると良いかもしれません。

 

一番気を付けなければいけないのは、黄色のニキビです。
黄色ニキビは、ニキビの中でも特に症状が酷い状態です。

 

すぐに対処しなければ、クレーターのような酷いニキビ跡が残ってしまいます。
ニキビで皮膚科に行くのは大袈裟だと感じてしまう人もいるかもしれませんが、できれば皮膚科に行って診察してもらうことをおすすめします。

 

 

 

 

ラ・ミューテ↓大人ニキビを一晩で治すなら