ニキビはオロナインで治るのか?

おすすめ↓

ニキビは本当にオロナインで治る?それとも・・・  

 

ひびやあかぎれの薬として有名なオロナイン軟膏です。

 

何でも効果のありそうなオロナイン軟膏ですが、結論から先に言うニキビにも効果があるのです。

 

オロナイン軟膏の有効成分としてクロルヘキシジングルコン酸塩液が入っています。

 

これは雑菌を殺菌してくれる効果があります。

 

ニキビの原因となっているアクネ菌を殺菌してくれるのです。

 

 

オロナインが効くニキビは?

 

オロナインは殺菌効果に優れているので、炎症が起きてない初期段階のニキビに効果があるのです。

 

初期のニキビは、毛穴にアクネ菌が詰まっている状態です。

 

そのアクネ菌を殺菌すれば、ニキビがおさまってくれるケースが多いのです。

 

 

オロナインが乾燥が原因のニキビに効く理由

 

クロルヘキシジングルコン酸塩液が、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌してくれます。

 

そして、オロナインには保湿成分が入っているので、乾燥から肌を守ってくれるのです。

 

オロナインは普通のニキビ薬と違う点があります。

 

グリセリン、オリブ油、ワセリンといった保湿成分がたくさん入っているのです。

 

それによって、乾燥ニキビを予防してくれるのです。

 

大人ニキビの多くは乾燥が原因となるので、大人ニキビに効果が期待できるというわけですね。

 

もっとも、オロナインは重症化してしまったニキビやニキビ跡には効果は期待できません。

 

軽いニキビでも、背中やおしりなど特定の部位にできるニキビにも効果は期待できないので注意してください。

 

 

オロナインとは?

 

オロナインの成分や本当の効果は?

 

かつて「家庭の常備薬」としてどの過程にもオロナイン軟膏があった時代がありました。

 

それは、現在でも続いていると考えてもいいでしょう。

 

オロナイン軟膏という知名度の高さがそれを物語っていると言えます。

 

どの家庭にもあるのがオロナインH軟膏です。

 

「オロナイン」として長年愛されている外用薬ですが、昨今は本来の使い方以外で、鼻のケアや保湿剤として使用している人も少なくないようです。

 

 

古い歴史を誇るオロナイン軟膏

 

オロナイン軟膏は、1953年の発売からすでに半世紀以上にわたり、私たちの暮らしの身近にある皮膚常備薬となっています。

 

1972年に「オロナインH軟膏」という名前に変更されました。

 

しかし、名前が変わっても多くの人から「オロナイン」としてその知名度は絶大で、信頼度はいささかも変わっていないのです。

 

大塚製薬のトップブランドと言っても過言ではありません。

 

 

ニキビ用の市販薬

 

ニキビ用の市販薬のメリット

 

病院に行かずに、薬局で簡単に変えること、そしてとりあえずニキビをケアできること、低価格でお財布に優しいことなどがニキビ要市販薬のメリットです。

 

ニキビのケア商品もいろいろあるのですが、上記のように比較的手軽に試すことができるのが市販薬の特徴です。

 

ニキビに悩んだらまずは市販薬を買ってみるという人は多いのではないでしょうか。

 

しかし、ニキビの市販薬といっても50種類を超えるほどあります。

 

本当に多くのニキビケア商品があるので、自分に合った商品を選ぶのにも一苦労といったところです。

 

配合成分の刺激が強く、反対にニキビを悪化させる可能性もあるニキビケア商品もあります。

 

そのため、しっかりと成分などをチェックして選ぶことが大切です。

 

 

薬局で購入できる大人ニキビケアにおすすめの商品

 

アクネス25
クレアラシル オトナ肌用
オロナイン
ペアアクネクリーム
ピンプリット
ビフナイト
アンナザルベエース
テラ・コートリル

 

以上のニキビケアの市販薬は炎症の起きたニキビのケアに効果があります。

 

ニキビケアの市販薬の選び方としては、保湿成分が入っているかがポイントとしている人が多いですが、保湿は保湿ケアできるスキンケア商品が受けもってくれます。

 

肌の弱い人には強い殺菌作用は反対に肌のダメージにもつながります。

 

以上のこともしっかり頭に入れてニキビケア市販薬を選ぶようにしてください。

ラ・ミューテ↓大人ニキビを一晩で治すなら