青春ニキビと大人ニキビの芯

おすすめ↓

青春ニキビと大人ニキビ…どちらもニキビの芯ができる?

 

ニキビができているとき、真ん中を見てみると固い芯のようなものができていることがあります。
ニキビの芯は、過剰に分泌された皮脂や古い角質が固まり、毛穴に詰まってできてしまいます。

 

皮脂や角質が詰まっている毛穴にアクネ菌が侵入し、ニキビができてしまうのです。
思春期にできる青春ニキビの場合も、20歳を超えてからできる大人ニキビの場合も、毛穴を清潔にしていなければニキビの芯ができてしまうことはあるのです。

 

ニキビの芯を作らないためには、余分な皮脂を洗顔でしっかりと洗い落とし、古い角質を溜めないようにケアしていく必要があります。

 

ニキビの芯ができてしまったときには、専用の器具を使って自分でニキビの芯を取り除くことができます。
ニキビがまだ炎症を起こしていない早い段階であれば、芯を取り除くことで、ニキビ痕を残さずにきれいに治せる可能性があります。
自分でケアできそうなニキビであれば、早めのうちに芯を取り除いて治してしまいましょう。
もしもニキビの芯を自分で取り除くときには、取り除いた後のスキンケアも丁寧に行うようにしましょう。

 

 

どちらができやすい?

 

思春期ニキビも大人ニキビもニキビの芯ができることはありますが、比べてみるとどちらのほうがニキビの芯ができやすいのでしょうか?

 

そもそもニキビの芯は、毛穴に余分な皮脂や古い角質が詰まることでできてしまいます。
思春期は、成長ホルモンの関係で皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

皮脂の過剰分泌が原因でニキビができてしまうことがほとんどであるため、どちらかといえば思春期ニキビのほうがニキビの芯ができやすいかもしれません。
思春期には皮脂の分泌を抑えることが難しいため、どうしても芯のあるニキビができてしまうことが多いのです。

 

思春期ニキビができる原因である皮脂の分泌を抑えるためには、丁寧な洗顔を心掛ける必要があります。

 

洗顔

 

過剰に分泌される皮脂を洗い落とすために、1日に何度も洗顔をしてしまっている人もいるかもしれませんが、洗顔のしすぎは逆効果になってしまいます。
肌を守るために必要な皮脂まで洗い落とすことになってしまい、肌のバリアを作ろうとしてさらに皮脂が分泌されてしまう可能性があります。

 

1日に何度も洗顔をするのではなく、朝と夜の洗顔を丁寧に行うようにしましょう。
毛穴に皮脂が詰まらないように気を付けていれば、芯のあるニキビができてしまうことを防げるでしょう。

 

 

予防方法

 

芯のあるニキビを作らないためには、毛穴を清潔な状態にしておく必要があります。

 

皮脂が過剰に分泌されて悩んでいる人は、洗顔を毎回丁寧に行うようにしましょう。

 

1日に何度も洗顔をして余分な皮脂を洗い流そうとしている人もいるかもしれませんが、あまり頻繁に洗顔をしすぎると、肌を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになります。

 

肌を守る皮脂がなくなると、肌が自分自身を守るためにさらに皮脂を分泌しようとしてしまいます。
過剰に分泌される皮脂を洗い落としたい場合には、洗顔を1日2回までにとどめ、丁寧な洗顔を行うようにしましょう。

 

ビタミンCなどの成分を積極的に摂取することで、皮脂の分泌を抑える効果が得られます。
普段から意識して野菜や果物を多く食べていれば、皮脂の分泌を抑えられるでしょう。

 

 

古い角質が毛穴に詰まってニキビの芯ができてしまうこともあるため、定期的に肌のピーリングケアをすることをおすすめします。
肌のターンオーバーがしっかりと行われていれば良いのですが、代謝が低下している人はターンオーバーが衰えてしまいます。

 

毛穴に古い角質が溜まってしまうことがないように、普段から意識してケアをしていけると良いですね。

 

ラ・ミューテ↓大人ニキビを一晩で治すなら