大人ニキビの原因

おすすめ↓

何度も繰り返す大人ニキビの原因は?

 

顎

 

ニキビのできる場所

 

大人ニキビはアゴとフェイスラインにできやすいです。

 

10代の思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因のため、顔の中でも油分の多いところにできることが多いです。

 

例えばおでこなどのTゾーンがそうですね。

 

一方でTゾーンではなく、アゴやフェイスラインといった部分にできるのが大人ニキビの特徴なのです。

 

ストレスの影響を受けやすい?

 

もちろん10代でもストレスはあるでしょう。

 

ストレスからニキビが発生するのは大人ニキビの方が多いのです。

 

ストレスは心にも体にもよくないことはわかりますが、実際どう影響するのでしょうか。

 

実際にはよくわからないという人が多いでしょう。

 

「場所」と「ストレス」にはホルモンが大きく関わってくるのです。

 

大人ニキビのケアは、これらに対応することが重要です。

 

そして、肝心の大人ニキビの原因ですが

 

ホルモンバランスの乱れからくるものが多いのです。

 

このため、思春期のニキビに比べると比較的長びき、そして繰り返し発生する傾向が強いのです。

 

10代の思春期ニキビの原因は皮脂の過剰分泌からくるものがほとんどです。

 

一方で、大人ニキビはホルモンが大きな鍵を握っているのです。

 

実はホルモンには皮脂の分泌を促進させる作用があるからですね。

 

 

口の周りにできるニキビ

 

口周りのニキビは大人ニキビの象徴とされています。

 

ですから、二十歳を過ぎた頃から多く発生するのです。

 

特に生理前にも出来やすいとさわれています。

 

 

 

口周りのニキビの原因
ストレス
寝不足
胃腸の衰弱

 

これらが一般的な原因とされています。

 

しかし、もっと根本を見直さなければ、ニキビは治りません。

 

口周りニキビは、白ニキビでポツンと出来ることもありますし、

 

痛みを伴う赤ニキビになることもあります。

 

 

ニキビが出来る過程

 

角栓が毛穴に詰まる
皮脂が毛穴に詰まる
溜まった皮脂にアクネ菌が感染
アクネ菌が増殖することで炎症が起きる

 

これがニキビの出来る過程とされています。

 

これは部位に関わらず、あごでも背中でも眉間でも同じ事が言えるのです。

 

まず、言えることは角栓が無ければニキビは出来ないということですね。

 

 

首や顎にできるニキビ

 

大人ニキビは顎、フェイスライン、口周りなどのUゾーンとよばれる部分に現れます。

 

大人になると、「顎から首にかけてのニキビ」に悩んでいるという人も少なくありません。

 

顎から首のニキビは、かゆみを伴い、赤く腫れてしまったり、などと悪化しやすい特徴があります。

 

思春期ニキビもそうですが、大人ニキビはアクネ菌や黄色ブドウ球菌などの菌が関わっています。

 

顎から首にかけてのニキビは基本的に顔のニキビの延長と考えていいでしょう。

 

つまり、原因は、ホルモンバランスの乱れ、乾燥、血行不良などが考えられます。

 

中でも首ニキビの原因として多いのが、ストレスや冷えとされています。

 

人がストレスを感じると抗ストレスホルモンである「コルチゾール」が男性ホルモンを過剰に分泌させてしまうのです。

 

これが顎から首にかけてのニキビを引き起こしてしまうことが多々あります。

 

 

ストレスとニキビの関係

 

ニキビがなかなか治らなくて「これはきっとストレスのせいだ」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

ストレスはニキビの原因

 

過剰なストレスを感じてしまうと、大人ニキビを作ることが多くあります。

 

これは、誰もが経験していることではないでしょうか。

 

そして、ストレスが原因でできる大人ニキビの部位は、あごやフェイスライン、そして口周りにできることが多いのです。

 

そしてなかなか治らないのがストレスを抱え込んだ、大人ニキビの特徴なのです。

 

食事に気をつけたり、漢方薬やサプリを飲んでみても効果がないという人も多いでしょう。

 

皮膚科でもらった薬をつけてみたり、枕カバーも毎日洗っているしそれでも、3年もニキビが治らない。
これは、精神的なものですから、まずは根幹にあるストレスを解決しなければいけません。

 

頑固なニキビはどうすれば治る?

 

基本的には、過度なストレスを受けないようにすることが大切です。

 

その場から逃げたくないからストレスを余計に感じてしまうのですから、ときには引くことも考えたほうがいいでしょう。

 

女性でも男性でも物事に対する責任感がありますから、その場から逃げたくないという気持ちはわかります

 

しかし、一旦引いて、そこから再起を図るような生き方のほうがずっと理にかなっているからです。

 

ストレスから起こる、大人ニキビに悩む苦痛から解放されて、穏やかな日々を取り戻すようにしましょう。

 

ストレスと自律神経と密接な関係があります。

 

人の身体は、わたしたちが意識していなくても、暑いときは自動的に汗を出します。

 

そして、寒いときは血管を収縮させ、心臓は血液を送り出し、胃は食べたものを消化してくれるのです。

 

これら無意識と言ってもいい、体の働きをコントロールしてくれているのが自律神経です。

 

過剰なストレスはこの自律神経の正常な働きを阻害してしまいます。

 

ノルアドレナリンおよび男性ホルモンのアンドロゲンが増加することで起こる変化は次のふたつです。

 

・皮脂分泌が促され、脂性肌になる
・角化異常(肌が固くなる)が起こり、皮脂が詰まりやすくなる

 

こうして、あごやフェイスラインや口周り(ヒゲの生える部分ですね)にニキビができやすくなるということですね。

 

これがストレスによる、大人ニキビができる仕組みなのです。

 

 

食生活の見直しとケア

 

ニキビに悩まされないための食事法

 

これは、一言でいうと「低インシュリン食」です。

 

低インシュリン食は、糖質(お菓子類、白米、小麦粉のパンや麺類、ジュースなど)を控えることで成り立ちます。

 

血糖値を上げにくい肉や魚、野菜、海草、玄米などを中心にとる食事のことです。

 

実際に低インシュリン食をはじめて3ヵ月後に、ニキビがかなり減少したという研究結果も報告されているのです。

 

反対に、気をつけたい食べ物は、糖分の高いものや炭水化物です。

 

このほかにも、牛乳もあります。

 

牛乳は、健康食品の代名詞的扱いを受けることが多いのですが、皮脂の分泌を促進するアンドロゲン(男性ホルモン)の生成を助ける働きがあるのです。

 

ニキビが出来やすい食べ物には個人差があります。

 

おすすめできるのは、食べたものを記録しながら、肌の調子を観察することです。

 

食べてから4時間〜24時間後にニキビや肌荒れが起きるものは、一度控えてみるといいかもしれません。

 

ラ・ミューテ↓大人ニキビを一晩で治すなら